FC2ブログ

路上料理人


 午前5時。ホームレスのサトーの朝は、
 公園に備え付けられている水道で5合の米を研ぐことから始まる。
 歳の頃は60過ぎだろうか。
 前掛けをして慣れた手つきで炊事をこなすその立ち姿からは、
 彼が路上生活者であることは全く想像できない。
 短く整えられた毛髪。健康的で血色の良い面立ち。
 足元こそ使い古された運動靴であるが、
 彼は路上を根城とする者特有のすえた臭いを微塵も感じさせない。

 サトーは仲間から「路上料理人」と呼ばれている。
 なぜならば、境遇を同じくするホームレスのために1日2回、食事を提供しているからだ。
 その腕は街場の料理人にも劣らないと評判だ。
 サトーには日課がある。それは「お品書き」を書くことだ。
 取材に訪れたある日はこんな具合だった。

7月×日晴れ
朝食 「ごはん」
「あさりの味噌汁」
「おでん」
「納豆」
「浅草のり」

夕食 「ごはん」
「刺身・タイ、中トロ、ブリ」
「タラバガニの味噌汁」
「ホウレン草の胡麻和え」


つづきはこちら

路上生活の是非を論じようと言うわけではありませんが、
この記事を最後まで概観して思ったのは
心の中で食という軸がぶれなければ
たった一人でも人は生きてゆけるし、
誰かを支えることだってできるということです。
サトーさんいずこ。
コメント

No title

食事は「メシ屋」さんと変わらない気がします。
路上テント生活をする人は、年末などで特別
支援センターなどで共同生活をするのが
イヤだって記事をよんだことがあります。

No title

パイン さん
この現場の方たちはそのようなお世話に
至っているようですね。
治療を受けられないので健康には
特に気を遣っているというのは
驚きました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する