FC2ブログ

ハワイはANAで!

JAL派のタクレレです、アロハ(笑)
とはいえ、ライバルが仕掛けてきました。



ANA(全日空)は、「2016~2020年度 ANAグループ中期経営戦略」を発表、
ホノルル線へのA380導入をあきらかにした。

エアバスA380型機は、オール2階建の大型旅客機で、
日本の航空会社でははじめての導入となる。

ANAによると、これまでフライトが少なかったリゾート路線の強化を進め、
とくに需要の高い首都圏とハワイを結ぶ路線にA380を3機導入としている。

エアバス機

2016年1月現在、ANAのハワイ路線は、成田-ホノルル線の1日2便、
羽田-ホノルル線の1日1便となっており、JALと比較すると座席供給数は少ない。

ホノルル線に使用しているANAのボーイングB767-300ER型機は、
202席または214席に留まるが、A380なら倍以上の座席数を提供することも可能となる。

日本発着の国際線では、シンガポール航空がシンガポール-成田-ロサンゼルス線、
タイ国際航空が成田-バンコク線に導入しており、
例えばタイ国際航空のA380は、ファーストクラス12席、ビジネスクラス60席、
エコノミークラス435席の構成で、1便で約500席もの座席数が提供されている。

ホノルル線への具体的な導入時期はあきらかになっていないが、
ANAがエアバスからA380を受領するのは、2018年度以降とみられる。


注目すべきなのはファーストクラスの設定があることです。
ラグジュアリーな滞在を求める顧客にビジネスクラスでは
物足りない状況だったわけで、そこにANAが切り込むかたちに。
これはハワイ線 勢力図が様変わりするかもしれません。
今から楽しみですね!
コメント

No title

日本にも1stクラス料金くらいなんともない人は
たくさんおられるとおもいます。

No title

パイン さん
年末などは芸能人で席が埋まるのではないでしょうか。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する