FC2ブログ

ハワイアン航空、HawaiianMilesのマイル有効期限を廃止

ハワイアン航空(本社:ホノルル)は、マイレージプログラム
HawaiianMilesのマイル有効期限を廃止します。
これにより、HawaiianMiles会員はマイルの獲得や
利用を柔軟に行うことができるようになります。

HawaiianMiles会員は、獲得したマイルを有効に保つために
18か月に一度マイル口座での実績が必要でしたが、
今後不要になります。これは、ハワイへご旅行される
お客様に最高の価値を提供するプログラムの改善となります。

ハワイアン航空のマーケティング上席副社長アヴィ・マニスは
HawaiianMiles会員に送ったメッセージで次のように述べています。
「この度のマイレージ有効期限の廃止はお客様および
会員の皆さまにより良いサービスをご提供するために
行っている変更のひとつです。航空会社としてこの苦境を乗り越えて
いくなかで、お客様、従業員、そしてコミュニティにとって
より良い航空会社となるためには何が必要か
検討してまいりました。ハワイアン航空は、皆さまに
より信頼される航空会社に成長してこの危機を乗り切り、
そしてこれまで以上にアロハの気持ちのこもったサービスで
皆さまをおもてなししていくことをお約束いたします。」

新型コロナウイルス感染症および政府による入国規制の
影響により渡航が難しくなった会員への対応として、
ハワイアン航空は2020年3月から2020年12月31日までの期間に
有効期限を迎えるマイルの失効を停止していました。
また、航空券変更手数料を廃止し、Pualani Platinumステータスや
Pualani Goldステータスのエリート会員資格の必要条件を
通常の半分にするなどの対応も行ってきました。

1998年に開始したHawaiianMilesプログラムの入会は無料で、
ハワイアン航空便の利用では飛行マイル数が獲得マイル数として
加算されます。また、提携航空会社の利用、提携クレジットカード
「ハワイアンエアラインズVISAカード」の利用でも
マイルを獲得できます。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する