FC2ブログ

PrayForKyoani

京都アニメーション放火事件
(きょうとアニメーションほうかじけん)は、
2019年(令和元年)7月18日に京都府京都市伏見区で
発生した放火殺人事件。
京都アニメーション第1スタジオに男が侵入し、
ガソリンを撒いて放火したことにより、
京都アニメーションの関係者に多数の死傷者が発生した。
放火と断定された事件としては
平成以降最も死者が多い事件となった。

事件概要
2019年7月18日の午前10時半(日本時間)ごろ、
京都アニメーション第1スタジオ(地上3階建て、
延べ面積691.02 m2)に41歳の男が侵入し、
ガソリンを建物1階、従業員などにかけ着火、
爆発を伴う火災が発生した。

ガソリンは事件直前に付近の
ガソリンスタンドから携行缶2個を使用して購入し、
付近で携行缶からバケツに移し替えて
台車で運び込んだと見られる。

また、現場からは包丁数本や
ハンマーの入ったリュックサックが発見された。
目撃情報によると、男は建物に入った直後に
火をつけながら「死ね」と叫んだという。

男は現場から逃走したが、
スタジオから100メートル離れた場所で
京都府警察により身柄を確保された。
このとき、警察の問いかけに対し
「ガソリンを撒いてライターで火をつけた」と供述している。

また、怒った様子で「パクりやがって」と大声で叫ぶ姿が
地域住民に目撃されている。
男は足や胸、顔などにやけどを負うなどの負傷を
していたため病院に搬送された。

追悼

被害に遭われた従業員の皆さん、ご親族
会社の関連の方々、そしてアニメファン。
損失は計り知れません。
犯人の処遇は司法に任せるとしても、
広範囲に及ぶダメージと増幅する悲しみ。
どうにかならないものかとただ悔やむばかりです。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する