FC2ブログ

ジャーナリストの安田さん

拘束されていた安田さんが、
無事に解放されたようですね。
インタビューに応じてました。

ジャーナリストと言っても、
対象によるもので
いろんな人が存在します。
悪い言い方をすれば、
彼が衆目に晒されるのは
無理があるからです。

真実を暴こうとすることに
方々の本質があるのですが、
駆り立てられて見失うものも
あるのではないでしょうか。

定義

すべてを否定するわけではありません。
ただ誰でも自分のことを知られたくない
一面は持っています。
戦場ジャーナリストは、
確かに規模は違いますが
隣の家の夫婦、あるいは兄弟喧嘩を
どうしても世に知らしめねばならないと
取材しているような気がするんです。

それを余計なことに首を突っ込むと言う。
地理的にも歴史的にも、
自分を治められないのは
恥ずかしいことであり、それが人の限界です。
地球と言うちっぽけな星の中で
人間はこの位もできないんです。
多少なりとも自分を騙さねばならない、
そこに気付くのも大人ではないかと思います。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する