FC2ブログ

おうちでハワイ



このご時世、おいそれと
ハワイに行けない我々ですが
心の中で駄々をこねるも
少し工夫してステイホームハワイ。
調べたらいろいろと出てきますね。
差し当たり自分は、アロハを来て
ウクレレをぽろぽろしたいです。
あと、近場で買えそうな
ハワイアンフードを食卓に並べたり。
楽しいことは自分で作りたいですね (^。^)

ヘルシーフードでハワイを満喫



こちらは、シェフ チャイ
というレストランのメニューで
野菜のテリーヌを、
グリーンカレーのソースで
食べさせるというものです。
不味い訳がない★
ハワイに行くとがっつりし過ぎて
後半、胃が追いつかなくなるので
こういったヘルシーな料理で
からだにやさしく、むしろ
デトックスできるくらいで
ありたいですよね。
楽しみに行ってるのに、
からだを虐めるのは良くないので。
皆さん、おはようございます!

治療の真髄 - 思いやり

「同業職種の皆様へ、
この様なご時世ですが
社会がどう変わろうが、
医療が進歩しようが
最後は人間の温かさ、
優しさ、お互いを
思いやることが最大の
治療・感染予防だと
改めて思いますもう少し、
もう少しだけ頑張りましょう」



これはヤフコメに投稿された
医療関係者であろう方の
呼び掛けです。
皆が疲弊するなかにあって
枯渇させず、むしろ
潤沢でありたいものです。

私としてはその思いやりに
心と命を救われました。
今度は自分の番なのかなと、
前を向いて生きてゆきます。
思いやりを持って

ワイキキに公衆衛生キャンペーンのバナーが登場

ハワイ州当局は、オアフ島ワイキキのカラカウア大通り沿いに、新型コロナウイルスの感染拡大防止を喚起することを目的とした新たなバナーを設置している。

カラカウア大通り沿いの街灯などに設置された36のバナーには、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として州が推奨している、「マスクの着用」、「他者とのソーシャルディスタンスの確保」、「手洗い」に関するデザインが施されており、関係者は「すでに多くの人々がマスクの着用などについては認知していますが、バナーを設置することで、さらに対策の認知を深めることになると期待しています」とコメントしている。

なお、バナーの設置費用は約9,000ドルで、費用の3分の2が当局のCARES資金より拠出されたものの、残りの3分の1の費用は税金で賄われている。