FC2ブログ

ハワイ州の失業率は全米ワースト1

全米各州における2020年12月の失業率に
関する最新データで、ハワイ州が全米でもっとも
失業率が高い州だったことが明らかになった。

最新データによると、ハワイ州の12月の失業率は9.3%で、
全米の平均失業率である6.7%と比較して
とても高い水準となっている。

なお、ハワイ州に次いで失業率が高いのは、
失業率が9.2%のネバダ州で、次いで失業率が8%以上の
ニューヨーク州、カリフォルニア州となっている。
反対に失業率が低い州は、
失業率が3%以下のネブラスカ州、
サウスダコタ州だった。