fc2ブログ

脳のしくみ事典

本

昨年の秋ごろから図書館に通っています。
自宅から歩いて3分なんです。せっかくだから
利用しようと思い・・
年末に借りてきたのがこちらなんですが、
なかなか良い本です。ネガティブな話だと
脳の病気にはいくつかの分類があって、
血管系、神経系、精神系になっており
血管系なら脳腫瘍とか、神経系だとアルツハイマー
精神系はうつ病や統合失調症など
聞くだけで重たそうな病気が並びます。
しかし裏を返せば、脳という機能は実に重要で
神秘的でもあり、素晴らしい器官であります。
何気なく暮らしている日々が脳によって支えられている
われわれ人間をたらしめている理由が脳だというわけで
とても勉強になる一冊です★

サラダの本

本

とても良いサラダの本です。
著者の感じだとスピリチュアルなのかも
しれませんが、掲載されている料理(サラダ)は
見た目にもとても洗練されていて美しいです。
巷にあるサラダ本と比べてもシンプルかつ
オリジナリティが感じられます。
インスピレーションを受けつつ、
自分で考えて美味しいサラダを
食べようと思います。

大腸癌ガイドライン(患者用)

本

医師用と患者用があって、こちらは患者用なので
分かりやすく解説されています。
知ることは正しく恐れることにつながると思うのですが
ネットには様々な情報が飛び交っていて
どれを信じるのかについては慎重さを期さなくてはなりません。
こちらの本は大腸癌研究会が監修されたもので
大学病院の外科チームなどもこちらの本を参考にして
最新の医療に取り組んでいることから、自分としても
読み物程度に最適ではないかと買いました。
必要としない人がいるのが大事なんでしょうけどね。
それほど厚くない本です。

だんな様はひろゆき

本

紙ではなくデジタルの方で購入しました。
ひろゆき、あるいはひろゆきの切り抜きで
ごくたまに出てくる嫁(細君)が
本を出したのでそっちのサイドが気になって
読み始めたところです。
これが結構面白かったですね。
それほど突飛なことがあるわけじゃありませんが、
なんかひとの家庭がどんなものかをみるのに
お邪魔させてもらった感じですね。
いいんじゃないでしょうか^^

人生を半分あきらめて生きる

本

真っ当に生きられて人生のこり30年くらいかな
と逆算しております。御の字とか天晴れとか(苦笑)
父親が早くに亡くなってその父親の歳も抜かして
毎日生きられるのはめっけもんくらいに感じて
それでも病気は嫌だからいろんな検査をしてます。
後は痩せれば結構いいのだと思います。
人生あれもこれも望んだらキリがありませんが、
そもそも生きていられるのは当たり前じゃ
ないですよね。そこをもう少し掘り下げて
考えて行けたら心も豊かになりそう。
この本はまだ全部を読み込んでませんが、
しかしこのくらいにゆるく生きられたら
人生はラクになれそうですよね。
後は人様に迷惑をかけず、最低限の
挨拶だけをしてゆけば楽しく生きれる。
さて今日は何をしましょうか♪