FC2ブログ

Hawaii Joins Salary History Ban Trend

ハワイ州では2019年1月1日から、
採用面接の際に応募者に給与歴を質問することが禁じられます。

パシフィック・ビジネスニュースの報道によりますと、
新法は女性や少数派の応募者に対する賃金差別を
防止することを目的としており、
デイビッド・イゲ州知事による署名を以て7月に成立しています。
すでに同様の法律が米国内の少なくとも10の州、
市郡で施行されているということです。

米国勢調査局がまとめた2015年のデータによりますと、
ハワイ州における女性の給与は男性の84%(男性1ドルに対し女性は84セント)で、
年俸の格差は7,640ドル(約85万円)と報告されています。

ハワイの人材紹介・派遣会社の関係者らは
「給与は責務や仕事量、努力や達成度などをもとに決定されるべき」と話しており、
男女間の賃金差別防止に向けた新法の成立を歓迎しています。

(Pacific Business Newsより)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する